ONLINE SHOP 2  -Other Label-

-セール情報-

 

11月、全品10%offセールを開催いたします。

 

また、日本国内のみ1万円以上お買い上げの方は送料無料です。

 

please add to cart or send e-mail.

e-mail : vlzproduktveltz@yahoo.co.jp

-クレジットカードでのお支払いをご希望の方へ-

ご注文お手続きをお進め頂き、メモ欄に「クレジットカード決済希望」とお書きください。

後ほど、メールにてオンライン決済請求書をお送りいたします。

 

中島吏英『おとになる 30個のオブジェと10分の音』 Special edition Rie Nakajima "becoming sounds-30objects 10minutes

True Ring

2018

Special Edition

作家サイン入CDR付き 

限定100部

include signed CD

limited 100copies

 

56ページ 182×257mm 

ISBN 978-4-9905281-9-5

 

Listen

 

¥4,104
Add to cart
  • with stock

ロンドンをベースに活動する中島吏英初めての作品集。

ファウンド・オブジェと乾電池で動く自作の動力装置を組み合わせて音を生み出し、空間に呼応しながらオブジェと音を配置していく彼女のパフォーマンスは、ヨーロッパ、アジアで注目されている。

本書は30個のオブジェを作家自ら選んで撮影した写真と、オブジェが奏でる音のダウロードリンクを収録。

音を聞きながらページをめくって楽しむアートブック。 デイヴィッド・カニングハムによるエッセイ、中島自身によるヨーロッパ・ツアー日記を収録。

 

スペシャルエディションとして、直筆サイン入りのCDRが封入されている。 英・日バイリンガル。

 

Great White Light

OMEGA POINT/Japanese Art Sound Archive OPS-001

LP

Limited 300copies

2018

 

Listen

¥3,900
Add to cart
  • with stock

"金子智太郎によるプロジェクト、日本美術サウンドアーカイヴ関連LPがオメガポイントよりリリース"

 

大西清自、カワスミカズオ、塩谷光吉、浜田剛爾による、1971年東京・渋谷の岸記念体育会館で行われたパフォーマンス音源。

10年後に大西清自のカタログに付属されたLPを復刻したもの。

複数台の送風機の轟音が渦巻き、同時に浜田剛爾のアジテーションのような声が響く、美術家による純然たるノイズ音場作品。

Edition cococaraと共に、日本の美術の深さを振り返り再発見する重要な作品である。

金子智太郎による詳細な解説も貴重。

限定300枚。

 

日本美術サウンドアーカイヴ展示が行われた際に発行されたカセットボックスエディションはこちら。

_DEFUNCTNESS / Yutsuki Suyama "From Here To Everywhere"

DRK06

CD-R

2018

 

DVD Size sleeve

2×paintting insart

 

Listen

¥2,000
Add to cart
  • with stock

Art & Spaceここから最後の展示、陶山ゆつき個展開催に合わせて制作された作品。

サウンドは_DEFUNCTNESS、封入されたビジュアルは陶山ゆつきによる。

 

Art & Spaceここからを囲む南青山の環境音と様々な水の音で綴る、静かな記憶のタペストリー。

タイトル「From here to everywhere」のように"ここから何処へでも"流れ行く水の流れは、静かに時折熱く全ての出来事を連れ去り、戻ることのなく、また絶えることのない万物の流転を表しているかのようである。

 

 

橋本孝之 Takayuki Hashimoto Guitar Solo "Sound Drops"

Nomart Editions

2014

 

sign & number on metal box

 

listen

¥3,780
Add to cart
  • with stock

.es(ドットエス)橋本孝之による初のギターソロアルバム。
藤本由紀夫作の無調のオルゴールをアコースティック・ギターに4つ取り付けたオルゴール・ギターによる演奏。
オルゴールの巻きネジを装着したブリキ缶ケース、盤面一枚ずつに施した林聡による“音粒”イメージのドローイング、藤本由紀夫執筆のライナーノーツは円形シートに出力などアート作品としての仕様にこだわった完全手作りの一作。

*ブリキ缶の裏にシリアルナンバーと橋本孝之の直筆サイン入り。
*盤面は1点1点表情の異なるオリジナルドローイングとなっている。

Bruce Nauman "Soundtrack from First Violin Film"

TANGLEWOOD PRESS/BLUME005

LP

2017(1970)

Limited 300copies

 

listen

¥3,500
Add to cart
  • with stock

"バイオリンドローンが素晴らしい"

 

監視カメラによる閉鎖回路インスタレーションやネオン管他、様々なメディアを使用した作品で知られる、アメリカの大御所作家。1970年フィルム作品のサウンドトラック復刻版。

Side A, バイオリンの全ての弦を弾く表題作はひたすらミニマルにリズミックなアグレッシブアプローチ。2トラック目は、二本の弦をできるだけ近づけて弾くという指示の曲で、打って変わって激渋ドローン。

Side Bはステップによる4つのリズムパターンを収録。ナチュラルエコーな空間での録音が素晴らしい響きを携えている。名盤。

 

 

Morihiro Wada 和田守弘 作品集 Book + DVD

ハードカバー

23x30cm

157項

¥4,000
Add to cart
  • with stock

2009年に横浜で行われた回顧展に合わせて作られた作品集。ビデオアーティストとして知られているが、70年代にオープンリールを多用した音に主眼を置いた作品が存在するため、金子智太郎主催の日本美術サウンドアーカイヴで取り上げられた作家である。

この作品集には、ポストもの派としての作品、後期の色彩豊かな作品など、ビデを作品以外のものも多数収録されていて充実している。

付属のDVDには過去のヴィデオ作品が収録。

 

日本美術サウンドアーカイヴ展示が行われた際に発行されたカセットボックスエディションはこちら。

VELTZ "Broken TV Audio Report"

COMSUMER WASTE

CD

2018

Limited 150 copies

oversized 7" package with letterpress back panel and a 16 page risograph booklet 

 

listen

¥2,300
Add to cart
  • with stock

Stephen Cornfordのconsumer wasteからの最新作。

2011年の地上波デジタル完全移行時から2017年までに採取されたトラック集。

アナログテレビ、カラーパターンジェネレーター、ビデオトランスミッターなどの周辺機器のみ使用し、それぞれの電圧調整の操作のみでお互いが干渉し合い発生する様々なサウンドを録音した。

一聴しただけではアナログテレビのサウンドとは思えないリズミックなノイズ、電子音のようなドローンノイズ、90年代を席巻したテクノイズのようなミニマルパルスノイズ、またテレビ内部で発生するマシンノイズ、アナログ放送終了時のアナウンスなどを含む全12トラック。

オーバーダブ、エフェクト一切なしの、廃棄されゆくアナログテレビが奏でる真のインダストリアルミュージックとなっている。

 

In the last 10 years Akira Matsuoka (aka Veltz) has established himself as a key figure in the next generation of Tokyo noise artists. His work covers a wide range: metal junk noise, erased tapes, field recording and audio dedications to analogue television. Analogue broadcasting in Japan was switched of in 2011, an event recorded by Matsuoka and presented at the end of this album. The collection of CRT televisions he has since amassed have become his primary instrument, used in numerous performances and on his CD for edition omega point. The tracks on this disc demonstrate the range of this instrument. Recorded over a 6 year period, they comprise a catalogue of the sound fields Matsuoka is capable of provoking from these abandoned screens.

Released in oversized 7" package with letterpress back panel and a 16 page risograph booklet of macro photographs of analogue television noise.

 

http://consumerwaste.org.uk/cw20

 

 

Peter Blamey "Five Fertile Exchanges"

COMSUMER WASTE

CD

2018

Limited 150 copies

oversized 7" package with letterpress back panel and a 16 page risograph booklet 

 

listen

¥2,300
Add to cart
  • with stock

VELTZ"Broken TV Audio Report"と同時リリースされたオーストラリアの作家

 

Little known outside of his native Australia, Peter Blamey has been recuperating discarded electronics into artworks for more than a decade. As Douglas Kahn writes in his sleeve notes here, he belongs to an artistic tradition unique to Australia that trades sound and energy. Having cut his teeth in an extensive exploration of disposed motherboards, Blamey has more recently worked with photo-voltaic cells, homemade electromagnets and rudimentary turbines to propose dialogues between sound, power and the elemental forces of wind, water and light. The work here was produced at the Bogong Centre for Sound Culture, located near the site of a large hydroelectric facility in the Victorian bush. The five interventions documented here comprise a quiet (and not so quiet) protest against this industrial instrumentalising of landscape.

 

 

hofri "木漏れ日の消息"

CD

2016

 

Trailer

¥2,160
Add to cart
  • with stock

"行ったことはないが誰もが知っている風景"

 

stilllife津田貴司によるソロユニット。同封された詩と音楽が完全に一体化している。浜辺を歩く作家自身の足の裏の感覚、遠くに見える岬やそのくぼみ、ある測候所に向かう道すがらの木漏れ日が、そのまま体験できるようなサウンドスケープが広がる。「木漏れ日」や、それと共に降り注ぐ宇宙からの目に見えない電波などを音で表現するとしたら正にこうなるのではないだろうか。環境音の使用は絶妙に抑制されていて、最大限の効果で「行ったことはないが誰もが知っている風景」にいざなう大名盤。 装丁はdrop around。

 

 

La Monte Young Flyer 1962

Dead Stock

size: wide110mm × high280mm

¥2,000
Add to cart
  • with stock

1962年, JUDSON HALLで行われたコンサートのフライヤー、デッドストック。

CELLOにCharlotte Moormanが参加している。

2枚セットなら¥3,000。

 

 

minoru sato -m/s "Sex God Sex"

senufo editions

CD

2014

 

listen 

 

¥2,300
Add to cart
  • with stock

90年代からWrKのメンバーとして日本のサウンドアートを牽引してきた佐藤実。

今作はハンドメイド金属オブジェクト装置によるゲキ渋打撃サウンド作品。

深く重い打撃音が時間をかけて高速になっていく。金属ジャンクノイズの範疇では語れない、サウンドアーティストらしい間の効いた時間の使い方が素晴らしい大名盤です。

 

minoru sato -m/s 「NRF Amplification」[CD]

Private

 

PAPER SLEEVE

¥2,200
Add to cart
  • with stock

両端にスピーカーとマイクが取り付けられたガラス管のインスタレーションの音の記録。

管の長さや材質、設置環境による自然共鳴周波数がドローンサウンドとなって現れる。

大阪築港の倉庫とブリュッセルの美術館で行われた。

90年代から変わらない音の強度はさすがの一言。佐藤氏による自主製作盤ながら、質の高い紙ジャケット仕様で素晴らしい作品。

 

S.A.S.W. "fine pattern"  works by minoru sato

 wind measure recordings 43

2015

c-51 cassette tape

Limited 100 copies

numbering on insert

 

¥1,600
Add to cart
  • with stock

オリジナルは1995年WrK制作のカセット。

2000年のICC展覧会カタログからボーナストラック収録。ヒーター、陸橋、エアコン、机などの固有周波数だけを抜き出したWrKらしいハードコンセプチュアルな音響作品。

昨今溢れるアンビエント/ドローンミュージックの源泉に位置する重要な音源。

 

S.A.S.W.

searching a stationary wave based on "aspect" works 

by minoru sato - m/s

searching each phenomenon for the stationary wave

 

the original cassette was published by WrK, 1995

bonus tracks : 

"days of the sky mix", included in an exhibition catalogue from ICC, 2000. 

"days of the sky another mix " is an unreleased piece.

 

 

_DEFUNCTNESS 「Reminisence field recordings Vol.1」 [CDR]

DRK-05

2017

CDR

PAPER SLEEVE

¥1,296
Add to cart
  • with stock

自主レーベルDARK SIGHTを運営する謎の多いアーティスト、_DEFUNCTNESS。

故郷の様々なフィールドサウンドで構成された25分の作品。

遠くに響く造船所のインダストリアルサウンド、波音、行き過ぎる船のモーター音。

幼少期から変わることのない彼にとって普遍的で自身を形成しているこれらのサウンドを

丁寧に織り込み、追想的でありながら現場感溢れるリアルな音像のフィールドレコーディング作品を完成させた。情念性、客観性、写実性を併せ持つ、おススメ作品。

 

DRK SIGHT HP

http://death-incinerator.com/

 

hiroyuki iida/atsushi tominaga

WrK

CD

1997

¥2,000
Add to cart
  • with stock

WrKの富永敦、飯田博之による1996,1997年録音のパフォーマンス激レア音源。

飯田氏による、時計を複数使用してミニマルなビートを作るパフォーマンス「BPM60」。

富永氏によるスピーカーを煮立てて、物自体が終焉するまでを録音した「050」。

両者ともに物質そのものが発するサウンドで、一切のエフェクト類の使用ナシ。

WrKのコンセプトを全面に体現したストイックな作品。超おススメです。

 

LETHE "DRY ICE ON STEEL TABLE"

either/OAR

CD

2011

DIGIPACK

¥1,600
Add to cart
  • with stock

桑山清晴の単独名義ユニット。2003年、名古屋港の倉庫で行われたパフォーマンス音源。

熱せられた鉄製のテーブルでドライアイスの塊を擦ることによって、すさまじい金属質な

摩擦音を発生させている。広い倉庫での録音の為、桑山節であるナチュラルエコーな響き

があり、アグレッシヴなサウンドでありながら、気持ちよさもあり。

電気的な操作が一切ない演奏とはとても思えない有機的で芳醇な高内容なパフォーマンス

の記録です。超おススメ!!

 

VELTZ "アナログテレビに捧ぐ"

Edition OMEGA POINT

CD

2013

¥2,484
Add to cart
  • with stock

廃棄されゆくアナログテレビの発する様々なサウンドを採取。

池田亮司のようなパルステクノイズ、真空管テレビのスイッチをオンしただけで発せられた爆裂ノイズ。他、VHSデッキが哀し気に唄うようなサウンド、大量のカセットテープレコーダーの駆動音のみのオーケストラなどを収録した。メタルプレート6枚による金属オーケストラも収録。物質感溢れる力作です。

 

 

Paul Panhuysen "Pendulum Change RISING"

Edition telemark

LP

2014

limited 300 copies

¥2,800
Add to cart
  • with stock

ワイヤードローン作品で有名なオランダの重鎮、LPとしては実に28年ぶりのリリース。円形のステンレスの上に吊るされた金属性の棒がモーターで振動し、ステンレスに接触。複数個の装置による金属質な接触音が徐々にリズムを構成したり、ポリリズムのように変化していく。インスタレーションサウンドならではのナチュラルエコーが美しく、時にアグレッシブに、時に静謐なミニマル空間を作り出す。音楽的なアプローチから離れた上で偶然性が織りなす音楽的な響き。ハードコアミニマルミュージックとして大推薦です。

 

 

Paul Panhuysen "TWENTY-THREE CARILLON SUDOKS"

Editon telemark

LP

2017

gatefold sleeve

Limited 300 copies

¥3,200
Add to cart
  • with stock

サウンドアートの大御所パンハウゼン。sudokuパズルの規則性を用いたビジュアルアート作品の法則をピッチやフレーズに応用して音作品としたもの。

 

カリヨンの淡々とした涼しげなフレーズが延々と続くミニマル度100%の内容。Side Aはカリヨン奏者による生演奏11トラック、Side Bは自動演奏による12トラック。

 

1トラックがそれなりに短いため、終わったかと思うとまた淡々と、ポツリポツリと音が置かれていく、テンポ感は同じため、そのスタート/ストップの加減に妙にハマっていき、そのカリヨン独特の抑揚の無さの中にあるフレーズ感がいつしか空間を支配する環境そのものがクセになること受け合いです。ありそうでなかった絶妙なミニマル盤。

 

 

森重靖宗 冷泉淳 "ピアノのための音楽"

Edition OMEGA POINT

CD

2017

¥1,800
Add to cart
  • with stock

チェリスト森重靖宗、冷泉淳によるピアノのための音楽。

ピアノの内部奏法のみで様々なアプローチを収録。

森重による深く闇を切りつけるようなアグレッシブなアプローチ、冷泉によるハンディファンを使用したドローン演奏。

両者ともに、通常の楽器からピアノに変われど、演奏家としての特質が如実に立ち現れていて素晴らしい演奏です。

 

 

Stephen Cornford "Pinched Tapes #1"

Gerauschmanufaktur

cassette

2017

limited 60copies   

 

¥1,200
Add to cart
  • without stock

作品を発表し始めた2009年に限定6本でセルフリリースした激レアタイトル[Pinched Tapes #1]の再発。ジョンケージの弦楽四重奏、ジャックと豆の木の朗読のテープを素材に、3台のカセットプレーヤーで手動ループした作品。揺れる弦楽サウンドと時折聴こえてくるストーリーテラーの朗読のループが、手動操作によるランダムなニュアンスも相まって、時間そのものに揺らぎを加えているような浮遊感があります。静かな名盤です。

 

 

Giuseppe Ielasi "Rhetorical Islands"

senufo editions

CD

2013

limited 320copies 

¥2,000
Add to cart
  • with stock

senufo editionsのオーナーGiuseppe Ielasi のソロ・アルバム。

2011年パリの l'Audible Festival のために制作した音源などを使用。

手に掴めそうな質感のビートとエレクトロアコースティックなサウンドが絡み合う

何とも形容しがたい内容です。カテゴライズ完全に不能なテクノといった趣です。

 

Daniel Bennett & Stephen Cornford "Fellfield Draff"

Hideous Replica

CD

2016

limited 100copies

¥1,600
Add to cart
  • with stock

初コンビによる作品。Daniel Bennettはエレクトロニクスとソフトウエア、Cornfordは

 

エレクトロニクスとオブジェクトを担当。デジタルエラーの繊細な粒子と具体的な様々な物音が同列に、クールに高速で絡み合い土石流のように流動する音の流れ。ハイセンスです。2013〜2014年までの3曲。

 

 

Petra Dubach & Mario van Horrik "WAVES"

Edition Telemark

 12inch×2

2016

Limited 300 copies

Gatefold sleeve

 

¥3,800
Add to cart
  • with stock

鈴木昭男、Terry Foxなどがお好きな方へオススメ

Pauli PanhuysenらとともにMaciunas Ensembleの長年のメンバーでもあるVan Horrikと

ダンサーであるPetra Dubachによる、2010年から始めたコンセプトである「WAVES」の

録音作品。ワイヤーとモーターを用いたオブジェクトを振動させる作品の音の記録。

PanhuysenのHet Apollohuis直系のミニマルな振動系サウンドです。

複数のモーターからのワイヤーで振動するため、緩やかなフィードバックや抑揚が生まれ、

「WAVES」というコンセプト通りの、目の前でインスタレーションを見ているかのような立体的で

美しい作品です。

 

 

GIOVANNI LAMI "Bias"

consumer waste 19

CD

2016

Limited 150 copies

numbering on back sleeve

7inch size sleeve in semihard vinyl cover

 

¥2,200
Add to cart
  • without stock

イギリス在住Stephen Cornfordが主宰するconsumer waste制作。

オーストリア、ギリシャ、イタリアの三か所で地中に数ヶ月埋められ、土壌の化学成分により変質した磁気テープを掘り起こし、その音を提示したエコロジカルアーティストの作集。

元々の素材になっているであろう楽曲の幽玄さも相まって、人間の歴史や工業文化を憂うような物哀しさをたたえたエレクトロアコースティカルなトラックが続く名盤。

 

美しさとザラザラしたささくれた変質ノイズが絶妙にマッチ。初期OVAL辺りのエレクトロニカがお好きな方にモロに響くことうけ合いです。 

 

 

KIYOSHI MIZUTANI / KIYOHARU KUWAYAMA "INTERLUDE"

either/OAR

CD

2011

Digipack

¥1,600
Add to cart
  • without stock

日本を代表するサウンドアーティスト水谷聖、桑山清晴による静謐音響世界。

水谷の緩やかなフィードバックと桑山の自作エレクトロニクスサウンドが静かに織り成す

アンビエントドローン的なサウンドが心地よく、金属質な響きもありますが、総じて

抑制されたアプローチで、ノイズからドローン好きまで広く射程内の名盤です。

Organumなどお好きな方、マストです。

 

Hans Essel "SAITENSACK"

edition telemark

LP

2013

limited 500 copies

 

¥2,800
Add to cart
  • without stock

ダルムシュタットの作曲家で、20年間以上の活動歴がありながらこれが初のリリース。

凄まじいパッセージで高速ノイズバイオリンを弾きまくるその音像はノイズミュージックのアグレッシブさそのもの。そのアプローチは単なる暴力的なノイズアプローチに収まらず、そのアグレッシブさを現すためのバイオリンへの細やかな視点、アプローチが如実に立ち現れる。

 

驚くべきはB面で、一聴した限りでは、全く生のバイオリンに聴こえず、何かしらの電気的変調をしているようにしか聴こえない生身の手わざによるノイズミュージック!これは本当に凄まじい技術です。

角田俊也 Toshiya Tsunoda "The Temple Recording"

Private

2011

2CD

DVD SIZE SLEEVE

¥1,800
Add to cart
  • with stock

元WrKのメンバーの美術家角田俊也。

こめかみに聴診器タイプのマイクを取り付け並ぶ二人が同じ風景を眺めている。頭部の血液の脈動、漏れ入るフィールドサウンド、風のざわめき、全てを拾う。二人の人間がLR(左右)を形成し、ステレオ録音された「風景を形作った」音の記録。

コンセプトは変われど角田節は健在で、低音部の効いた重厚なトラックや、謎の持続サウンドを含むフィールドレコーディングサウンドはリスニング作品としての強度を持つ。音響彫刻作品である。

AGENCEMENT [Boxe Consonantique]

Pico-04

2001

¥2,160
Add to cart
  • with stock

金沢の音楽家 島田英明によるソロ作品。バイオリン、テープ、エレクトロニクスが細やかなパッセージで絡み合い、転がり合いながら一つの糸を織り成していく。粒立ちの良い楽器音、具体音がひたすら立ち現れては消え時間が経過していく。

いつまででも聴いていたくなる名盤です。おススメ。

伊東篤宏 Atsuhiro Ito[R.G.B.Pre OPTRON1999] Special Editon box

Editon OMEGA POINT

Limited 30 copies

signed on box

regular CD

Bonus CDR

Photos×5

¥5,500
Add to cart
  • without stock

カールステンニコライとの共演など世界的に活躍する日本を代表するサウンドアーティスト

伊東篤宏の最初期に採取された蛍光管の発する様々なノイズの作品集。

音楽的要素は一切なく、制御不能な放電ノイズのみクールに収録されている。

その音色はノイズであり、アナログシンセサイザーのオシレータのようでもあり、非常に本潤かつプリミティヴでもあり聴きごたえ抜群の作品集である。

 

30部のみ制作されたスペシャルエディション。サイン入り、ボーナスCDR, 過去の展示作品の美しい写真がセットの貴重版、ラストストック。レーベルにも在庫はありません。

塩見允枝子 Mieko Shiomi パフォーマンス作品集 フルクサスをめぐる50余年 [Book]

private

2017年発行

全59頁

size18×21cm

 

¥1,728
Add to cart
  • without stock
Ragnhild May & Kristoffer Raasted [ cassette]

c-40

private

japan tour limited edition

¥1,200
Add to cart
  • without stock

2017年、初来日デンマーク女性アーティストRagnhild Mayの日本ツアー限定カセット。

ビジュアルアーティストでもある彼女自身の手によるハンドメイドペインティングジャケット。

エアコンプレッサーを用いたパイプオルガンの機構を持つ自作楽器によるパフォーマンス音源で、芳醇な低音ドローンサウンドを基本に、数本の機構による微細なズレによるハーモニーを構築していく。

要所要所で鳥笛をコンプレッサーに接続し、女性らしいアプローチも織り交ぜながら、それでもなおかつ激渋ドローンサウンドがひたすら続くおススメ音源。

Die Abartigen-Abart von Kunstern VA[ LP]

Slowscan 33

 

limited 200 copies

¥4,800
Add to cart
  • with stock

オリジナルは1972年Reflection press出版のカセット。

kaprow, paik,vostellなど豪華メンバー。

B面はすべてpaikの演奏で、よれよれチンドン屋のようなコラージュから金属質なドローンサウンドまで移行する意味不明な、フルクサス臭満点の充実トラック。聴きごたえかなりあります。

minoru sato + asuna 「ONE AS TWO」[LP]

senufo edition

recording: 2004

limited 200 copies

numbering on back sleeve

¥3,000
Add to cart
  • without stock

美術家佐藤実と金沢在住の音楽家asunaによる最初のコラボレーション作品。

共鳴するさせるガラス管とオルガンのための演奏で、単なる即興と一線を画す作曲行為による作品。ガラス管が共鳴しやすいオルガンの音域などを綿密に作曲に取り入れている。

作品としては極上持続音音楽で、録音された質感も絶妙に空気感があり、目の前で演奏されているような、録音物のような、手に届きそうな不思議な質感。

リスニング作品として非常に完成度の高い作品である。

stephen cornford and ben gwilliam 「on taking things apart」 [CD]

winds measure recordings 46

 

Limited 300 copies

numbering on sleeve

¥1,600
Add to cart
  • with stock

家電機器メーカーGrundig製の旧式TK5テープレコーダーを分解、レバー、スピーカー、筐体などのパーツを使い、すべてをテープ録音して制作された。

5トラック、42分収録。

CORNFORDらしいセンスの良い上品な物音アプローチだが、今作はかつてのM.BEHERENSやBernhard Gunterが行っていたエレクトロアコースティックサウンドのような繊細な音響派的ムードを携えている。

 

on taking things apart 42:41

 

Grundig TK5 tape machine.

posted to Brussels

dismantled on arrival 

various levers spun on motor

speakers used to amplify floor

resistors as styluses

fixing plate as broadcast antenna

feedback animated through chassis

springs heated & cooled

components crushed

All recorded to tape.

Remains buried.

recorded June 2012 at Q-02, Brussels 

thanks to Julia Eckhardt & Ludo Engels 

mastered by Giuseppe Ielasi

 

Stephen Cornford [SIX TAPE MACHINES] [LP]

ACCIDIE A/R06

2012

¥2,500
Add to cart
  • without stock

Cornford初のLP.2012年作。

4台のオープンリール、2台のウォークマンのアコースティックな機械音をコンタクトマイクで録音、構成されている。顕微鏡的な感覚で音を見つけ提示するCornfordらしい繊細な作品。

THE SET ENSEMBLE [stopcock] [CD]

consumer waste 18

 

limited 200 copies

7inch size sleeve in vinyl case

 

numbering on sleeve

¥2,000
Add to cart
  • with stock

Stephen Cornfordが主宰するconsumr wasteリリース。

Sarah Hughes, Bruno Guastalla,Patrick Farmer, Dominic Lash, Paul Whittyの5人の作曲家が各々の作曲、インストラクションを持ち寄り、実験するためのアンサンブル。

室内楽、物音、グリッチ、電子ノイズなどがセンス良く絡み合うアンサンブルが並ぶ。

 

Founded in 2010 in Oxford, The Set Ensemble is dedicated to the performance of experimental music and contemporary composition. All of the members of the ensemble are also composers and they often write for one another, using the ensemble as a testing ground for new ideas, developing and rehearsing pieces together. This process is a collaborative endeavour with the score acting as one material amongst many, directing or shaping actions within a complex field of activity.

This disc contains six such compositions by Sarah Hughes, Bruno Guastalla, Patrick Farmer, Dominic Lash and Paul Whitty, the scores for which are all text- or instruction- based. Running the gamut from tonal instrumentation to fluxus antics, sometimes even within one work, this collection refuses to sit tidily within one strand of contemporary music, reflecting the broad influences and practices of the ensemble’s members.

This album was released in conjunction with the fourth issue of BORE. BORE was founded in 2013 by Sarah Hughes and David Stent and publishes scores that are primarily text-based, but may encompass any form of notation or instruction intended for the realisation of musical performance, staged events, texts, images or objects. The fourth issue of BORE collects a number of scores by members of The Set Ensemble, including Angharad Davies, Rhodri Davies, Patrick Farmer, Bruno Guastalla, Sarah Hughes, Dominic Lash and Paul Whitty.

Rie Nakajima 「Four Forms」  [LP]

consumer waste 17

 

limited 300 copies

numbering on back sleeve

 

¥2,500
Add to cart
  • without stock

イギリス在住のサウンドアーティスト、1st LP。デヴィッドトゥープやデヴィッドカニンガムらと親交を持つ。

コップ、空き缶、玩具、鍋など様々な日常品を素材にしたガジェット感溢れる音の出る装置のアンサンブルを収録。

consumer wasteからのリリースらしさに溢れる緻密で繊細な音像の作品。

 

 

Rie Nakajima is a Japanese artist based in the UK. She has exhibited and performed all over the world charming audiences with her inventive works of mechanical bricolage. In 2014 she received the Arts Foundation prize for Experimental Music. She co-curates the event series ’ ‘Sculpture‘ with David Toop and has collaborated with Miki Yui, David Cunningham, Phill Niblock, Pierre Berthet and many others.

Four Forms is the first audio-document of Nakajima’s work, comprising four pieces recorded in Oxford in January 2014:

"sources of sound that have the lives of small creatures, maybe small creatures that hibernate in darkness but then come to life when exposed to the light. These creatures of which I speak are activated to perform their own cycles of drumming or scraping, all working together as if moving inexorably toward the sudden miraculous synchronicity of flashing light that a few fortunate observers have seen in firefly displays. What I am saying, should it be unclear, is that this is a kind of intensely rhythmic music performed by an extra-human ensemble not susceptible to the orthodoxies of human culture, in a sense a step into another dimension."

- David Toop

瘡原亘 Wataru Kasahara Piano Solo.2009 [CDR]

Handmade CDR

¥1,500
Add to cart
  • with stock

80年代より音楽/美術を中心とした創作活動を行い、Embudagonn10名義でも知られる瘡原のピアノ音源集。

ピアノを自身の分身と捉え、それと対峙したした時の軋轢を収録した生々しい音の記録。

若干のプリペアドを施し、内部奏法に加え頭、腕、足を使用し、ピアノを愛でながら攻撃する。

チープな録音状態も相まって、録音された時代もわからなくなり、メランコリックなムードさえ立ち現れる。

自身との対峙でしか生まれえない、張り詰めた傑作。

ーオンラインショップご利用のお客様へのお願いー

 

オーダーフォームでのメールアドレス、お電話番号の正確なご入力をお願いいたします。

ご注文後3日経過してもこちらからのご連絡がない場合、お手数ですが再度ご注文いただくか下記メールアドレスまでご連絡いただけますよう、何卒よろしくお願いいたします。

mail: vlzproduktveltz@yahoo.co.jp